2011年01月26日

丸まっている腰がぴんと伸びました!

70代 女性 と 80代 女性です。

腰が丸くなるのは年のせいでもなんでもないです。本人が仰向けになれるようでしたら戻すのは難しくありません。

70代 女性は腰が丸まっているのを薄々感じてはいたけれど、お孫さんと壁に背をつけて身長をはかっていたら腰がつかないことにがっかりされたようです。
症状はすでに8割以上改善しています。
なので、腰の骨と骨盤、股関節を矯正しました。
ちゃんとまっすぐつくようになりました。

80代 女性の場合は45°くらい曲がっていましたが同じような矯正で3回ほどしたところ、背すじがぴんと伸びました。
もっと早く来れば良かったと言っていただきました。
腰が丸まっている方はあきらめる前に仰向けに寝られるかどうか確認してみてください。
posted by かものみやん at 10:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

あぐらがかけない。痛くて座っていられない。

50代 男性の方。

腰が痛くて、椅子に座っていられない。あぐらがかけない。尿の出が悪い。


まずは検査。股関節がかたまり、おしりの骨(仙骨)が出っぱり。腰の骨はがちがちです。

1回目は股関節の癒着をとりました。あぐらができるようになりました。

2回目はおしりの骨=仙骨の矯正。
座るのと尿の出がよくなりました。

3回目は腰椎と肩の調整。なんとまっすぐ座れるようになりました。


尿の問題でお医者様にかかっていたようですが解消しました。

いつものごとく、内臓系のお悩みはまずは病院で検査してください。

病院で処置しようがなければ整体でなんとかなることもあります。

絶対ではないですが…。
posted by かものみやん at 08:03| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

背骨の分離。

20代 男性の方。

以前にきた顎関節の問題で来た方の紹介です。
病院で分離症と診断され、当院へ来院。手術はなるべく避けたいそうです。

分離症とは背骨の一部が折れてしまうことをいうそうです。レントゲンは見れませんから、内部の様子は私にはわかりません。

しかしあまりに痛そうです。前にも後ろにも少しも動かせないし、ねじれもしません。痛みが走って動かせません。

骨が折れているところに軽く触れると激痛が走るようです。これは無理な場合もありますと説明し、そこには触れず、負担をかけずに施術しました。

体の大きなねじれを取ると折れているところをさすっても、軽く叩いても痛みません。前に曲げてもねじっても痛みがなしです。後ろにそるのに少し痛みがある程度です。二回目終了後には反っても痛みはなくなりました。

実はお医者様に分離症は痛みがない場合も割とあるとうかがったことがあるので、それ以外の原因だといいなと思い施術しました。

この方は普通の人が見ても体が曲がっているとわかるくらいの骨格なのでねじれたまま体を前後に動かし背骨に負担がかかって分離したのではないのかなと私は感じました。何にも医学的根拠はありませんが。

なにはともあれ手術しなくて良さそうでよかったです。
posted by かものみやん at 23:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。