2010年05月23日

背骨の重要性

背骨の骨は小さな骨がいくつも重なっています。

だるま落としのような感じです。
だるまさんと同じで土台が崩れかけると上の方は大変なことになります。
だるまさんなら落ちてしまいます。
けれど、だるまさんなら落ちますが、人間の頭は落ちません。

何故でしょうか?

筋肉で支えるからです。
その代わり筋肉はいつも力の入った状態になります。
そのままの状態が続くと肩こりになってしまいます。

施術では土台(骨盤、背骨)を元通りに調整します。
すると上のバランスも取れてきます。
だるまさんでも下を叩いて上を調整しますね。
すると余分な力を入れる必要がなくなる。
肩もらくちん!


だから背骨や骨盤は超重要だと思います。
posted by かものみやん at 21:00| Comment(0) | カイロ・整体哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違う箇所を施術しているのに・・・

カイロ・整体には様々なテクニックがあり、人が健康な状態へなる
お手伝いをするという共通部分があります。
しかし重要視する場所は様々です。

例えば、腰が痛い時に
ある人は首を施術して腰を楽にさせます。
違うある人は膝を施術して腰を楽にさせます。
またある人は骨盤を施術して腰を楽にさせます。
別な人は股関節を施術して腰を楽にさせます。

違う箇所にアプローチしているのに同じ結果が出ます。

何故でしょうか?

実は人の体で骨が全部正しい状態でいるというのは非常に稀なことなのです。
何箇所も負担のかかっている部分があります。

その状態を50点/100点とすると、おそらく70点までいけば痛みはとれてしまうでしょう。

人体には多少の遊びがあるからです。
ある程度よくなれば異常を感知しません。
だから違った部分をアプローチしても20点分よくなればとりあえずOKなのです。
欲を言えば悪い首、膝、骨盤、股関節全てよくなれば、身体にエネルギーがみちあふれる状態になります。

私はそれを目指します。

posted by かものみやん at 20:56| Comment(0) | カイロ・整体哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

説得力

自分がいろいろな知識を学ぶとそれを披露したくなります。
このブログみたいにです笑

知識もやっぱり大事ですが、結果(実績)が伴っていないとその言葉は相手に響きづらくなります。


私がいくらすばらしい経営哲学を話そうとも経営の神様と言われている松下幸之助さんの説得力にはかないません。


また、私がいくらすばらしい施術日記を書こうがよくなりたいと思って来てくださる方をよくできなければ、その方は私の話に耳を傾けてくれないでしょう。
posted by かものみやん at 20:42| Comment(0) | カイロ・整体哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。