2010年11月16日

背骨の分離。

20代 男性の方。

以前にきた顎関節の問題で来た方の紹介です。
病院で分離症と診断され、当院へ来院。手術はなるべく避けたいそうです。

分離症とは背骨の一部が折れてしまうことをいうそうです。レントゲンは見れませんから、内部の様子は私にはわかりません。

しかしあまりに痛そうです。前にも後ろにも少しも動かせないし、ねじれもしません。痛みが走って動かせません。

骨が折れているところに軽く触れると激痛が走るようです。これは無理な場合もありますと説明し、そこには触れず、負担をかけずに施術しました。

体の大きなねじれを取ると折れているところをさすっても、軽く叩いても痛みません。前に曲げてもねじっても痛みがなしです。後ろにそるのに少し痛みがある程度です。二回目終了後には反っても痛みはなくなりました。

実はお医者様に分離症は痛みがない場合も割とあるとうかがったことがあるので、それ以外の原因だといいなと思い施術しました。

この方は普通の人が見ても体が曲がっているとわかるくらいの骨格なのでねじれたまま体を前後に動かし背骨に負担がかかって分離したのではないのかなと私は感じました。何にも医学的根拠はありませんが。

なにはともあれ手術しなくて良さそうでよかったです。
posted by かものみやん at 23:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。