2010年11月09日

立っているのがつらい。脊柱管狭窄。

60代女性の方。

立っていると右足が重くつらいそうです。
40代の時に膝の半月板を損傷し、60になってお医者様に脊柱管狭窄(背骨の間が縮まりすぎている)
と診断されて来院されました。

確かに背骨に触れてみると間が狭くなっています。
しかしこのぐらいせまい方は他にもいらっしゃいます。

しかも骨盤や腰の骨にもあまり異常は見られませんでした。
足が原因かなと、股関節の検査をしてみると右股関節に異常がありました。

股関節は骨盤のくぼみにはまっている関節なのでずれている方は多いのですが
大事になるまであまり痛みなどかんじないようです。

調整してみると足が嘘のようにかるくなったと誉めて頂きました。
本当に有難いことです。

7回やって症状は安定していますので次回からはメンテナンスになります。
posted by かものみやん at 13:55| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい事です。
より多くの褒めを頂くために、頑張っていきましょう。
Posted by フラワー at 2010年11月10日 17:55
すぎ〜いで〜す。
たぁくさんの人を健康にしてね。
スクールにも来て、わたくしを指導してくださぁい。
Posted by たてあんちゃん at 2010年11月13日 17:34
フラワー整体師さん

ありがとうございます。
これからも地域の方に貢献できるように頑張ります。
Posted by 小田原整体師 at 2010年11月14日 20:38
たてあんちゃん さん

いやいや(笑)私よりたてあんちゃんさんのが先輩じゃないですか。教えられることはありません。
Posted by 小田原整体師 at 2010年11月14日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。