2010年06月10日

安定する力と自然治癒力

背骨がズレているままだということはそこには安定するための力が働いています。それは体がそれ以上おかしくならないように、まもるために働いている力です。

それにアジャストを加えることで自然治癒力が働きはじめますが、何日かすると安定する力が強くて元にもどってしまいます。
これを短い期間で続けることにより、自然治癒力が安定する力を上回り、身体は健康になります。

背骨がズレているのは悪いことだと思っていましたが、それもまた身体にとってプラスの働きだったのだということがわかったので記録しておきます。
posted by かものみやん at 08:49| Comment(0) | カイロ・整体哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。